2008年12月10日

[究極の記憶法] マッテオ・リッチ 記憶の宮殿

マッテオ・リッチ記憶の宮殿
ジョナサン・スペンス, 古田島 洋介
平凡社 ( 1995-01 )
ISBN: 9784582482119
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


☆下記のランキングに参加しています。
記事がお役に立ちましたら、クリックをお願いします!
あなたのクリックがモチベーションの維持になります!
ブログランキングバナー

記憶力を底上げする「記憶の宮殿」の作り方

上記の記事を読んで、読んでみたくてしょうがなかった本。
日本ではまだあまり知られていないので、ライバルに差をつけたい
人はすぐにでも取り入れてほしい。

本書でとりあげられているのは「記憶法」。
分厚い辞書だった暗記できる記憶法だ。
導入の初期段階は訓練が必要なものの、あるレベルに到達すれば
飛躍的に記憶力が向上すること間違いなし。
当ブログでは、この記憶法のやり方についてはほとんど言及しない。
上記のURLを読んでいただければ、バッチリ説明されているからだ。

本書では、この記憶法を使っていたというマッテオ・リッチの半生も
描かれているので、記憶法だけ知りたいという方は上記のURLから
勉強してほしいと思う。

■ メモ
- 記憶をすえつける場所は、大きく三種類
現実から引き出した場所。
完全に架空の場所。
現実と架空が半々の場所。
- 静かに留まっていられるような場所を割り当てなければいけない。
- 現実の場所だけに限てしまうと、場所の数にも、それに対応して貯えてゆくイメージの数にも限界が生じ、記憶の一定の量以上に増強することができなくなる
- 本物との類似ができるだけ目立つようにイメージを作り上げる
- 場所は部屋の4隅でもいい

☆下記のランキングに参加しています。
記事がお役に立ちましたら、クリックをお願いします!
あなたのクリックがモチベーションの維持になります!
ブログランキングバナー

■ 関連書籍
脳が冴える15の習慣
築山 節
日本放送出版協会 ( 2006-11 )
ISBN: 9784140882023
おすすめ度:アマゾンおすすめ度




posted by bluedemio at 08:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。