2008年12月05日

[発明は必要の母] 発明家たちの思考回路

発明家たちの思考回路 奇抜なアイデアを生み出す技術 (HARVARD BUSINESS SCHOOL PRESS)
エヴァン・I・シュワルツ
ランダムハウス講談社 ( 2006-01-27 )
ISBN: 9784270001189
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


☆下記のランキングに参加しています。
記事がお役に立ちましたら、クリックをお願いします!
あなたのクリックがモチベーションの維持になります!
ブログランキングバナー

タイトルに「発明は必要の母」と書いたが、これは「必要は発明の母」を書き間違えたものではない。
著者がそう言っているし、私自身も納得できる。

物がなかった時代には、必要性があるから発明されたものがほとんどであったのだろうが、
この時代にはあまり適合しないのではないか。
必要なものは既にあるんだけど、新しい発明によって、
それが必要不可欠なものになっていくケースが多いのではないか。
そのような例を挙げれば枚挙にいとまがないだろう。

本書では、偉大な発明家たちがどのような思考回路をもっていたのか
豊富な事例をもとに紹介している。

発明は、あるとき誰かの頭のなかでひらめいたことから誕生したものである。
しかしながら、そのひらめきが一朝一夕で出てくるものではなく、
日々研鑽を重ねた結果なのである。
まずは、そのように行動できることから始めよう。

■ メモ
新しい解決策は、新しいパターンを認識することから導かれる
新たな障害を見極めるとは、新たな可能性を見つけること

☆下記のランキングに参加しています。
記事がお役に立ちましたら、クリックをお願いします!
あなたのクリックがモチベーションの維持になります!
ブログランキングバナー

■ 目次
発明の原動力は何か
可能性を創出する
問題をつきとめる
パターンを認識する
チャンスを引き寄せる
境界を横断する
障害を見極める
アナロジーを応用する
完成図を視覚化する
失敗を糧にする
アイデアを積み重ねる
システムとして考える
エピローグ―もっと上を、もっと外をめざして

■ 関連書籍
誰が本当の発明者か (ブル-バックス)
志村 幸雄
講談社 ( 2006-08-18 )
ISBN: 9784062575256
おすすめ度:アマゾンおすすめ度



ラベル:思考回路 発明
posted by bluedemio at 07:55| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アイディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
応援、ポチ、ポチ。頑張って下さい!!!また来ますね!!!遊びに来てください!!!
Posted by 元塾講師による悩みスッキリ塾!の中里 at 2008年12月05日 21:04
応援ありがとうございます!
また来てくださいね。
Posted by bluedemio at 2008年12月07日 09:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。